【清城ゆき】やがて夫も顧みず、自らナマ挿入を求め出し、淫蕩の日々に没頭していく…